邦画大好き

アクセスカウンタ

zoom RSS 無法松の一生(1943)

<<   作成日時 : 2015/04/04 00:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

画像

明治時代の小倉、人力車夫の松五郎(阪東妻三郎)は、暴れ者で喧嘩っ早い。ある日、彼は怪我をした少年(川村禾門)を助け、地元の名士、吉岡大佐夫妻(永田靖、園井恵子)と懇意になる。やがて、吉岡大佐は戦死し、残された妻子の面倒を見る内、妻に仄かな恋心を抱くが、身分が違いすぎて言い出せない。・・・
岩下俊作の原作を伊丹万作が脚色し、病床の伊丹に変わって稲垣浩監督が撮った。この映画の後、何回も映画化され、テレビドラマや歌の題材にもなった。しかし、やはり、この作品の阪東妻三郎のイメージが強く、他の役者ではイメージが合わない。変な言い方だが「学が無い」という部分が他の役者では、説得力が薄いように感じた。サイレントの時代を築いてきた役者の底力がこういうところに現れるなのかもしれない。
尚、この映画は公開前に内務省によってカットされて、戦後になるとGHQによって二度にわたりカットされたという不幸な歴史を持つ。稲垣監督本人が後にカットされた部分も含めて撮り直している。この作品のカットがなければもっと良い作品になった事は間違いないだろう。為政者の思惑によって芸術作品が改変されるという愚かなことを二度と許してはいけない。そういうことも教えてくれる作品である。



にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ
にほんブログ村



日本映画 ブログランキングへ



無法松の一生 [DVD]
角川書店
2012-10-26

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 無法松の一生 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



無法松の一生 (人間愛叢書)
勉誠出版
岩下 俊作

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 無法松の一生 (人間愛叢書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
日本映画史上に残る名作でしょう。ただし、最後に叩く小倉祇園太鼓は、岩下俊作の創作です。
映画の中で「蛙打ち」と言われているのが本物の祇園太鼓で、「乱れ打ち」や「勇駒」などはないのです。
1980年代に北九州市で本物を聞かせてもらったことがありますが、完全に蛙打ちでした。
小倉祇園太鼓は創作なのです
2015/04/07 07:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
無法松の一生(1943) 邦画大好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる