邦画大好き

アクセスカウンタ

zoom RSS 初恋・地獄篇(1968)

<<   作成日時 : 2017/10/30 22:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

彫金師の義父(満井幸治)の下から逃れるように東京に出てきた青年(高橋章夫)は、ヌードモデルをしている少女(石井くに子)と知り合い、安宿で抱き合うがうまくいかなかった。青年は少女のさまざまな面を知っていくが、もう一度お互いの愛情を確かめようと同じ宿で再会を約束するが・ ・ ・
寺山修司・羽仁進の共同脚本を羽仁進が撮った。ドキュメンタリー映画出身の羽仁監督が不条理感の漂う世界を淡々と撮った佳作である。もともと、ドキュメンタリーで扱う題材は、不条理なものが多くそこから問題提起をして行くのが本来の役割とも言えるものなので、寺山修司の世界とも相性が良いと言えよう。延々と映されるいわば一般社会から落ちこぼれた人の特殊な世界をドキュメンタリータッチで描いた画面には独特な存在感があり、この作品でしか味わえない余韻に浸ることができる。



にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ
にほんブログ村



日本映画 ブログランキングへ



初恋・地獄篇 [DVD]
ジェネオン エンタテインメント
2005-10-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 初恋・地獄篇 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



初恋・地獄篇 [DVD]
ジェネオン エンタテインメント
2005-10-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 初恋・地獄篇 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
優れた映画だと思いますが、かなり気持ちの悪い作品ですね。そこがリアリティだとも言えますが。
羽仁進は、ホモセクシュアルの傾向もあったそうです。
石井くに子は、黒テントの女優で、後に服部良一の息子の服部良次と結婚しています。
さすらい日乗
2017/11/06 07:41
そうですね。
羽仁進って残酷なんですよね。ドキュメンタリーの宿命を引き摺っているのでしょうが・・・
松木完之
2017/11/06 15:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
初恋・地獄篇(1968) 邦画大好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる