邦画大好き

アクセスカウンタ

zoom RSS 戦国自衛隊(1979)

<<   作成日時 : 2017/12/16 11:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

伊庭三尉(千葉真一)率いる陸上自衛隊の小隊は戦国時代へタイムスリップしてしまう。そこでは、上杉景虎(夏八木勲)が天下統一を目指して戦いを続けていた。歴史を変えれば現代に戻れるかもしれないと考えた自衛隊員たちはそこで上杉に協力し天下取りの戦いに参加するのだが・ ・ ・
半村良の原作を鎌田敏夫が脚色し斎藤光正監督が撮った。設定が荒唐無稽なだけに、描かれた人間像にリアリティがないと台無しになってしまうのだが、突然不条理な状況に巻き込まれてしまった人間の混乱や決断が丁寧に描き込まれていて、青春群像劇としても良質なものとなっている。上官の命令に逆らって反乱を起こす部下に渡瀬恒彦、現代に戻ることを諦めて、なついてくれる子供と暮らしていこうと決心する下士官にかまやつひろしなどキャスティングも面白いほどはまっている。見せ場となる合戦シーンも退屈させることなく作られており様々な楽しみ方ができる作品になっている。
近代の自衛隊の戦力を持ってすれば、戦国時代の戦など簡単に勝てるものと考えがちであるが、そういう風には問屋がおろさないという事をまじまじと見せつけられるのもこの作品の面白いところである。本当に生死をかけた戦いをしたことがあるのかという事が大きく戦力に影響することがこれでもかというほど見せつけられる。倒しても倒しても現れてくる戦国時代の兵の前に近代兵器はだんだん歯が立たなくなる。そして最後は燃料が尽きて全てが無用の長物となる風景は、現代の戦争においても通じるところがあるのかもしれない。未だに軍拡競争に励んで歴史から何も学ぼうとしない人たちにもそういう意味で見ていただきたい作品である。



にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ
にほんブログ村



日本映画 ブログランキングへ



戦国自衛隊
2013-11-26

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 戦国自衛隊 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
戦国自衛隊(1979) 邦画大好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる